忍者ブログ
  ~ さくら坂保育園のブログ ~
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
※本ブログで使用している写真・画像を許可なく使用することは禁止します

 今日は運動会・・・だったのに・・・

開園して初めて雨による延期となりました。



   5時半、天気予報は晴れマーク

      でも、6時の時点で園庭の状況は悪く

         


   しかもドンドン雨も強くなり、延期となりました。





 私自身も、他のベテラン保育士さんも今まで延期となったことがなく、


      「人生初の経験」という感じでした。

※ギリギリまで空を見上げていた年はありましたけど・・・・



       どうか、明日は晴れますように!



      

PR
今日、運動会の予行会がありました。

毎年、さくら坂の運動会はひとつのストーリーに合わせてアスレチックを

しています。3歳児のストーリーの中に出て来る◯◯◯・・・



 本当は写真を載せたいが、運動会当日までのお楽しみ!

◯◯◯・・・が本番同様の衣装をつけて登場すると、

あまりのリアルさに3歳児達が怖がって大号泣(T_T)



アスレチックどころじゃない!何人もが大泣きして保育士さんが抱いたり

なだめてはみたけど・・・泣き声が響き渡る



最後に記念写真を撮ろうと、◯◯◯・・・が子ども達に近づくと

「あっちいって・・・」「いっしょに  しゃしん  とらない!」


◯◯◯・・・役の保育士さんはかぶり物を外して顔を見せ

「ほらっ先生だよ~」って近づいただけで

泣かれてしまってションボリ(T_T)


運動会当日はどうなりますことやら・・・





花の植え替えをしようと準備していたら・・・


   「えんちょうせんせい、なにしているの?」と5歳女児達。

   「花を植え替えるんだよ」というと、

   「ほいくえんをかわいくするのね。わたしもやりたい!」と集まってきた。




 まずは、土をプランターに入れる作業

                
 
 あら?人数が減っている・・・と思ったら、カタツムリを見つけてしまい

         隣では、観察隊ができている・・・


        


花を取り出す時に、傷めないように慎重に・・・慎重に・・・


  「ありがとう」と声をかけたら
 
  「〇〇したときもほめてくれたよね」と。


誉めてもらうことに喜び満載!




褒めるのは意外に難しい。


      お手伝いをしたから褒める?

      言うことを聞いたから褒める?

      役にたったから褒める?


 確かに、どれも褒められる善いことではありますね。


 子どもは褒められたり、叱られたりすることで、物事の判断基準を

 決めていく!


      人にやさしくしたら褒める?

      何かを頑張ったら褒める?

      最後までやりきったら褒める?


数えると、キリが無いくらい・・・褒める事は大事だけど、

      善い行い = 褒める 

      悪い行い = 叱る

これまた、間違いではない・・・でも、ホントは

      善い行い=褒める → 喜び、次への意欲    等など
 
      悪い行い=叱る  → 気づく、考える、安心してやり直せる  等など

褒めることと以上に、叱るって難しいことですよね。

相手が聞く気持ちになっていないと、意味がないから・・・

だからこそ、「褒める」と「叱る」は紙一重!

子育てって、奥が深く難しいですよね。




親になると、我が子が愛おしいからこそ、大きくなったら困らないように・・・

って考えて褒めたり、叱ったりしすね。そして、それもまた間違いではない!



ただひとつ言えるのは、子どもはちゃんと大人の姿を見ているんだ!って

ことでしょうね。



この後、電話がかかって来たので、後片付けを保育士さんにお願いして

一足早く、作業を終えて事務所に戻ると、


     「おはなのうえかえ、さいごまでおわりました。」


と、子ども達が報告に来てくれました。


     「最後まで、ありがとう。保育園が可愛くなったね。」

とお礼をいうと満足気に保育室に戻っていきました。



 後で、保育士さんが

     「片付けが終わって、ありがとう!って言った途端、

      私達が園長先生に報告してくるから言わなくていいよ!」


 って言われたそうな・・・



 今は人の役にたったり、「ありがとう!」って言われる事に

 大きな喜びを感じている5歳女児達でしたemoji

さくら坂保育園の園舎が建つ前に植えたクヌギの木・・・


        
       ~斜面の上にあるクヌギの木~





当時の職員さんと話をしながら決めました。

   「どんな木を植えたい?」

       「周りに木陰が全く無いから、木陰を作ってくれるような木」

       「木の下で、みんながどんぐりを拾えるような木」

                                等など・・・




当時の建設工事の中に含まれていたのは、斜面の上にある3本の自分の背丈位の

ヒョロヒョロの木のみ・・・


 今のさくら坂からは想像できないでしょ・・・

  毎年、少しずつ増やして・・・ようやく木に囲まれた園舎になってきました。




このクヌギの木が大きくなるように、さくら坂の子ども達の成長を

    5年後には・・・

      10年後には・・・

そんな風に想像したりもしていました。



初めは添え木をしても倒れるくらい細く小さな木でしたが、

10年目の今年は、大きなクワガタ、カミキリムシ、カブトムシなどが集まる

立派な木に成長しました。


        
     ~クヌギの木でつかまえた虫達の一部~

      子ども達がつけた名前はくわちゃん!



初めて保育園に来る人はびっくりされるくらい、子ども達は普通に

園庭で虫あみや虫かごを片手に遊んでいます。


              
            ~園舎に入り込んだカマキリ~





残念ですが、子ども達の喜ぶ虫達だけでなく、今年初めてハチもやってくるようになり、

駆除しても、薬を散布しても効果がなく、とうとう諦めることにしました。

月曜日、子ども達がびっくりするし、悲しむのかな・・・




開園11年目に向けて、新たな一歩を踏み出せるように、代わりに新たな木を

今度は子ども達と植樹したいと思います。寂しい思いもあるけれど、これからの

     5年後・・・

         10年後・・・

  木が根っこを張って天高く大きく育つように、

     子ども達の未来も広く明るく輝きますように!


子ども達の大好きな夏!

   
   ~片栗粉での感触遊び~


           
          ~フィンガーペインティング~

   
                  
                     ~泡遊び~ 



色々な遊びを通して、汚れることも・・・

 「うわ~」「すごいなぁ~」と感動する事も・・・



    必然的にシャワーが始まり、プール遊びが始まりました。






プールの中では、それぞれの学年が・・・


   玩具を使って水の中で自由に動けるように、

      
        ~3歳児の様子~





    水が顔にかかっても平気になれるように、

        
        ~真剣に話を聞く5歳児~ 

        
         ~ふし浮きに挑戦!~  


 今日は、楽しかったプールも終わり、保護者の方々にプールを

 片付けていただきました。

 子ども達がかけがえのない体験ができたのも、保護者の皆様のおかげと

 感謝しています。


    


     
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/17 Edwazdapers]
[09/13 たかいし]
[05/14 backlink service]
[06/07 マイケル&キャサリン]
[04/27 北川ひろ君ママ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
さくら坂保育園
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
?  素材提供:ふわふわ。り