忍者ブログ
  ~ さくら坂保育園のブログ ~
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
※本ブログで使用している写真・画像を許可なく使用することは禁止します
29年度に入園される方を対象とした入園説明会をしました。

特に乳児をお預けになる方は、不安でいっぱいだと思います。

毎年、親御さん達に、「もちろん、泣きますよ。唯一の存在であり、大好きな親御さんと

離れるのだから・・・」とお話しています。

 私自身も育休が終わる前には、切ない気持ちになったのを思い出します。





「慣れるまでは仕方ない!」と思っていても、泣かれるのはつらいですよね・・・

そんなお話をしていたお母さんに、プレゼント!



  保育園の裏山へ遊びに行った日・・・

 
   まだ階段も手を使わないと登れない小さな子


       



 5歳児さん達が作った木のトンネルの中を


  こけないように、かがむようにしながら手を差し伸べる年長児


       



  たどり着いた先には、きれいな桜の木がありました。


       


 本当のきょうだいではないけれど、


 暖かい存在に間違いはない・・・


 

 そんな豊かな人と人の関わりができるのが保育園だと思っています。


 これから思い出たくさん作っていきましょうね・・・
PR
子ども達のお昼寝時間を利用して、何回かに分けて、防犯訓練を実施しました。

           


お忙しい中、警察の方が不審者役もしてくださり、



まずは、防犯の話・・・


実際に、さすまたの使い方を見せていただく。

       





そこで、職員も実践!

      



ある保育士さんが、「犯人やってみたい!」と立候補。

お巡りさんも「初めてのケースですね」と・・・



為になるお話もいっぱい聞けましたが、防犯の為に公開できず残念!


4歳児さんが、お山のおじいちゃん達と一緒に椎茸の菌打ちをしました!




でも・・・・



なぜか、4歳児さんが山活動をする日は雪⛄

前回、しまっち先生と自然体験活動をした時は、驚くほどの大雪!

まさかと思ったけど、今回も雪・雪・雪!




山の中は、木のおかげで雪が入り込みにくいけど・・・


それでも、やっぱり天気の日が良かったですよね。



       
                   


 原木はお山のおじいちゃん達が調達してくださったものです。

子ども達は金づちでトントンするだけですが、準備をしてくださるボランティアさんの

お陰で、毎年、美味しい椎茸が食べられるのです。



 実は椎茸ができるまでには2年かかるので、子ども達が毎年食べているのは、

自分たちの2年前の4歳児さんの分を頂いているのです。


長い年月をかけたおにいちゃん・お姉ちゃん達からの贈り物です。

この雪の日の椎茸も2年後にみんなで美味しく頂きたいと思います。


今日は節分!朝から親御さんに・・・


  「鬼さん 宜しくお願いします!」

  「徹底的にやってくださいね」  等など
 

朝から大人の方が楽しそうです。

 そして、赤鬼が誰なのかもわかっている様子!
 



いざ 出陣!
 
 リクエストに応えようと頑張ったが、目指す子ども程、逃げ足が早くつかまらない・・・

 ハリボテのお面は暑くて汗だく・・・節分が冬で良かったぁ。

        しかも前がよく見えない。


                
              ~鬼からの予告状~ 


         

          ~豆を入れるマスを作り準備万端~




          
       ~一番長い滞在時間だったかもしれない3歳児クラス~



                   
      ~誰か助けてあげてよ・・・でも誰も行ってくれない(涙)~



             
         ~一通り泣いたら、ようやく豆まきの始まり~



              
        ~鬼の去った後

           いつも保育士さんの周りに集まって座り、

               膝の取り合いをしているのに、

                   なぜか2歳児が正座で話を聞いている?~






今年の子ども達はすばしこくって、なかなか子どもをつかまえられない。

そこで、若い保育士さんがサッと連れてきてくれるemoji


 「◯◯せんせい、たすけて~」と叫んでいるのにね。







 後から・・・

 「えんちょうせんせい、どこにいたの?」

 「あかおにさんはくつしたぬいでいたのに、なんではいてるの?」


「園長先生はずっと履いているよ!」 

    →毎年やってるから知ってる!子どもはどんなに怖くても足元は
     しっかり見てる。特に靴下の柄には要注意だってこともね。







  「えんちょうせんせい、めみせて!」


「どうして?」


  「だって、あかおにさんのめ、みえたもん。」

    →この注目ポイントは初めて・・・二人でにらめっこ状態。
  


 


 

 毎年、調理師さんが巻いてくれた巻きずしを丸かぶりしているが、

   今年は3歳児以上は自分たちで巻いてみることにしました。


         



   「せんせい、てにごはんがついたよ~」

     「手についたご飯はたべとき~」等とワイワイしながら、

         
       楽しくミニ巻きずしの出来上がり!
 
 


 
あるご家庭では鬼のフルセットを購入し、お父さんが仕事帰りに、

   そのまま車の中で着替えてから乱入するそうな・・・

 その園児さんは、園の豆まきでも既に号泣してましたがemoji




   どうか夜泣き、おねしょ等しませんように!



さくら坂保育園の園庭に大雪が積りました。

子どもは大喜びで早速、ソリ遊び!


キュキュと気持ちいい位のパウダースノーでした。


        


            

 いつも一緒に遊んでいる異年齢同士で、滑り方を教え合ったり、

      大変な登りの時は、ソリを持ってあげたりしている姿は

 とっても微笑ましい限りでした。


           


しかし、こんなにスピードが出てもいのか?とハラハラしている私を尻目に

何度も何度も滑り続け・・・

 とうとう、去年、買ったばかりのソリさえも割れてしまう位でした。

やっぱり、家庭で我が子にすべらせるのとは訳が違いますよね・・・



「えんちょうせんせい、きょうのばんもゆくがふるって\(^o^)/」

 「あしたもそり、しようね」と言われてしまい、



    それは大変だ!とソリを再度、買いに走ることになりました。



もちろん、中には滑りたいのに、怖くて誘っても、誘っても・・・

    なかなか勇気の出ない子どもさんもいましたけど




同じように・・・

今年滑っているお子さんの中には、今までは怖くて滑れなかったお子さんも

いました・・・・そんなことは感じさせないほど、豪快な滑り方をしていましたが、

その怖い気持ちがわかるのか「だいじょうぶだよ!いっしょにすべろう・・・」って

     優しくすべり方を教えてあげる姿もありました。



ちゃんと、繰り返えされていくのですね。


 さくら坂らしい「遊びの伝承」が今年は何回出来るのでしょうか?


子どもには嬉しい・・・でも、大人の本音は

「仕事の時には、もう振らないで!」って言いたいですよね・・・



カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/13 たかいし]
[05/14 backlink service]
[06/07 マイケル&キャサリン]
[04/27 北川ひろ君ママ]
[02/15 mido]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
さくら坂保育園
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
?  素材提供:ふわふわ。り