忍者ブログ
  ~ さくら坂保育園のブログ ~
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
※本ブログで使用している写真・画像を許可なく使用することは禁止します
さくら坂保育園の園庭に大雪が積りました。

子どもは大喜びで早速、ソリ遊び!


キュキュと気持ちいい位のパウダースノーでした。


        


            

 いつも一緒に遊んでいる異年齢同士で、滑り方を教え合ったり、

      大変な登りの時は、ソリを持ってあげたりしている姿は

 とっても微笑ましい限りでした。


           


しかし、こんなにスピードが出てもいのか?とハラハラしている私を尻目に

何度も何度も滑り続け・・・

 とうとう、去年、買ったばかりのソリさえも割れてしまう位でした。

やっぱり、家庭で我が子にすべらせるのとは訳が違いますよね・・・



「えんちょうせんせい、きょうのばんもゆくがふるって\(^o^)/」

 「あしたもそり、しようね」と言われてしまい、



    それは大変だ!とソリを再度、買いに走ることになりました。



もちろん、中には滑りたいのに、怖くて誘っても、誘っても・・・

    なかなか勇気の出ない子どもさんもいましたけど




同じように・・・

今年滑っているお子さんの中には、今までは怖くて滑れなかったお子さんも

いました・・・・そんなことは感じさせないほど、豪快な滑り方をしていましたが、

その怖い気持ちがわかるのか「だいじょうぶだよ!いっしょにすべろう・・・」って

     優しくすべり方を教えてあげる姿もありました。



ちゃんと、繰り返えされていくのですね。


 さくら坂らしい「遊びの伝承」が今年は何回出来るのでしょうか?


子どもには嬉しい・・・でも、大人の本音は

「仕事の時には、もう振らないで!」って言いたいですよね・・・



PR
新しい年を迎え、職員一同、心新たに保育に精進していきたいと思います。

そして、今年度の保育のまとめでもある「さくらっこのつどい」に向けて、

各学年とも活動を始めました・・・



 さくら坂の子ども達は、裏山で遊んだりアウトドアのイメージが強いようですが、

この一年の生活や遊びの集大成である「さくらっこのつどい」は、子ども達の

思いやつぶやきを集めながら進めていきます。



 夏の間、ひたすら網を持って虫達を追いかけていた子ども達が、

お話に出ている「カラス」に興味を持ち観察する姿など微笑ましいエピソードも

保育士さんから聞かせてもらっています。



 特に幼児クラスになると、自分たちでお話の一部を考えたり・・・

      自分たちで大道具なども作ります。

          


         仲間と共に考える!

             仲間と共に作る!

  

      そんな作業が当日までにはたくさんあります。



 さくらっこへの取り組みを通して、色んな経験をして欲しいと思います。



そのために、


     保育士さん達も子ども達が帰ったら・・・



  「どこまで進んでる?」なんて話しながら、作業する姿が続いています。




今日は28年の保育終了日です。

職員室にいても、年の終わりの挨拶をしてくださる方がいます。

子ども達も親御さんに教えて貰った挨拶をしてくれます。
 
「おせわになりました。らいねんもよろしくおねがいいたします。」

意味は今ひとつわからなくても、日本古来の伝統的な挨拶や習慣は

親から子どもへと受け継がれていくんですね。



 初めは恥ずかしくて、大きな声で言えなかったお子さんも親御さんと

事あるごとに挨拶することで着実に挨拶が出来るようになっていくのがわかりました。

繰り返していくことは子どもを育てていくのですね。

 



 最後に・・・
 
近年、大規模災害が続いていますが、どうか来年は平穏な毎日が続きますように・・・


子ども達の笑顔がいつまでも、いつまでも続きますように・・・

保育園のクリスマス会は、今月3回もありました。


 
1回目/3園合同のクリスマスのつどい(ケチャップ・マヨネーズによる歌など)



2回目/園内のクリスマス会(子ども達や保育士さんの出し物など) 

              



           


        
3回目/地域の独居老人の方を招いてのクルスマス会(3年に1回の地域行事)




 
  
 
子ども達の話を聞いていると、

 ご家庭でも・・・

  中には親御さんのお友達同士でも・・・

          楽しいクリスマスパーテイ-があったそうな。
 
 
 

こんなにあっていいのかな?と思うほどですね。

 でも、どのクリスマス会にも大きな意味があるので、今年は3回実施しました。






初めて地域の方をお招きしてのクリスマス会では・・・

民生委員児童委員方々、社会福祉協議会の方々、健康推進委員の方々などの

多数のご協力者や参加者の方を合わせ総勢50名以上の集まりになりました。



園児による歌のプレゼント、

おじいちゃんやおばあちゃんと工作遊びしたり、
                     


   一緒にカレーを食べたり・・・

(地域の方の分は近くの会館で作って運ばれました!)


たくさんの方々のお力で無事に終わりました。
 
 
 
 
合間に園内見学会をしましたが、一斉に感動?されたのは乳児用トイレ!

「かわいいな~  こんなに小さいんやな~」と。


普段は見ることのない小さな机やイスなどに、改めて子ども達の小ささを

感じておられてようでした。


 
「急な上り坂は、高齢者の方にとって負担では?」ということが、
 
危惧されていましたが、当日は予想以上のたくさんの方にご参加頂き、

おじいちゃんサンタさんからもお菓子の詰め合わせのプレゼントをいただきました。



何度現れても嬉しいサンタさんに子ども達は大興奮でした。
   
   
   
           
  
   
  
   
   
   
 
    

                 ※お母さんの了承を得て掲載します。



 朝、保護者用駐車場に向かってフェンス越しに大泣きしている5才女児・・・
 急に保育園でお母さんから離れづらくなり、お母さんも悩んでおられた。
 
なんとかフェンスから離れたが、気持ちが立ち直らず、保育士さんがテラスで
 そばについて、2人で話をしていた。



 そこに私が通りかかり、「お母さん引き止め作戦、失敗したね!」と声をかけると、
 キョトンとした顔で見つめてくる。



「大泣きしたらお母さんが行かないと思ったのに、仕事に行ってしまったから
 この作戦は失敗だよ」

    「うん」とうなずく・・・



「園長先生がもっといい作戦を考えてあげようか?」
      「ほんとに?」
 



 
 
「園長先生、どうしたら、かあ~(お母さんの事)は保育園にいてくれるの?」

「これから一緒に考えよう!」と紙を出し、2人でひらがなで字や絵を書きながら

                                 朝からの様子を整理してみる!





                                 ~Mちゃんのお話~

「どうしてお母さんと離れる時に泣いていたの?」    
    「かあ~といたい」


「どうして?」       
    「かあ~が大好きだから」


「朝のご用意はどうしてる?かあ~に手伝ってもらってる?」
     「そんなんあかちゃんやん。じぶんでしてる」


「ごはんたべているときは?」  
     「かあ~がそばにいてくれて、おはなしきいてくれる」


「今日はどうだったの?」
     「◯◯ちゃんのママからでんわがかかってきて、うろうろしながら
      ごはんのやくそくしてはった」

     
「かあ~に電話が嫌だったといわなかったの?」     
     「でも・・・かあ~がかけたんじゃない。」
     「でも・・・いつもみたいにもっとはなしたかったの」     
     「ちゃんとでんわがいや!っていったら、ごめんねってあやまってくれたよ」



「その時に、なんて返事したの?」
     「いいよってこたえた」


「どうして?嫌だったのに?」
     「だってかあ~大好きだからemoji

 
「いいよって言ったら、かあ~がどんな気持ちになると思ったの?」
     「よろこぶとおもった」




お迎えに来られたお母さんに、その事を話すと「ちゃんと理由があったんや~」
「いつも早く!早く!と急かしてしまうけど、ほんの少し早く起こして
 あの子の話が聞けるようにしてみます」と・・・


お母さんの愛情いっぱいに育った甘えん坊5才女児。
お母さんの中に「もう5才だから・・・これでいいのかな?」って悩みもするけど・・・



     でも・・・



やっぱり5才児!
  周りの様子やお母さんの事情もちゃんとわかっている。

だから5才児!
  相手の望む答えや思いがわかるようになってくる。

されど5才児!
  本音はやはり隠しきれない。

だからこそ、だかが5才児!
  頭で、言葉で理解しているほど、気持ちはついていかない。


まさに幼児・・・幼子(おさなご)なのです。





      ・・・Mちゃんのその後・・・

お母さんは早速、行動!
毎日、15分早く起こして上のお姉ちゃんの登校を一緒に見送っているそうです。
他にも理由はあるかもしれませんが、あれ以来、すっかりご機嫌な彼女です。



    ・・・園長のその後・・・

相談室!?にやってきた男児から
「えんちょうせんせい、はなしきいてくれてありがとう!
ぼく、えんちょせんせい、だいすきやでemojiと言ってもらえて
嬉しい毎日ですemoji



 





 
 
 
 
 

カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/13 たかいし]
[05/14 backlink service]
[06/07 マイケル&キャサリン]
[04/27 北川ひろ君ママ]
[02/15 mido]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
さくら坂保育園
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
?  素材提供:ふわふわ。り